注文住宅を長期優良住宅にする為の諸条件

注文住宅

一戸建ての注文住宅を建築するときには、長期優良住宅にすると補助金がより多くもらえるため結果的に少ない出費で家を建築することが可能です。長期優良住宅にするための条件の一つが耐震等級が2以上になっていることが必要になります。チェックする項目は、壁の配置や床倍率、基礎部分などがこれにあたります。

 

断熱性能などの省エネルギー性能が、十分に確保されていることが大事になります。省エネルギーの住宅であれば無駄に電力を使うことがなく環境にやさしいためです。この場合には、太陽光発電をつけていれば長期優良住宅と認定される可能性が高くなるでしょう。
住宅の更新をする場合、容易にすることができる点も長期優良住宅にするための条件の一つと言えるでしょう。例えば、住宅をリフォームしたいときに容易にリフォームすることができることが条件になっています。基本的に従来工法の建築物であればリフォームのしやすさがありますので、長期優良住宅にしやすいメリットがあります。またそれだけでなく、リフォームするときに配管の変更をする場合に比較的容易にできるような構造になっていることが重要です。またリフォームに関連して、将来的に建物をバリアフリーにする場合、手間をかけずに改修することができるかも条件の一つと言えるでしょう。

 

建物そのものではありませんが、定期的な点検をすることが計画の中にあることも重要になっています。長期的に住宅を維持させるためには、容易にリフォームをするのではなくまずは定期的な点検を行い、その時の住宅に問題がないか見ていくことが大事です。維持保全計画を組む場合には、構造耐力上の主要な部分と水の侵入を防ごうとする部分、そして給水排水の設備の3点が定期的な点検計画の中に入っていることが必要になります。最後に、注文住宅を建築した場合の資料や維持保全の状況の記録を保存しなければなりません。これらは、書面によって保存するだけでなくデータによって保存することも可能です。

賃貸住宅と注文住宅、どちらが便利か

注文住宅

注文住宅は敷地内のすぐ近くに駐車スペースがあるので管理がしやすいのと外出するにも車の出し入れも迅速に行うことが出来て便利です。駐車台数も家族の数によって1台以上は計画できる場合が多いものです。賃貸住宅のマンションの場合は高層階に住んでいると車で出かけるのもエレベーターを利用して時間がかかり、大きな買い物をした場合には労力的な負担も多いものです。借家住まいの場合はこのスペースは1台という場合が多いもので、駐車スペースがついているとは限らず、離れた場所で借りる場合もあります。駐車料金も別にかかって来ることになります。

 

注文住宅は融資を受けて建てることも多く団体信用生命保険に加入するのでもし建て主にもしやのことが発生しても生命保険の代わりになりローンも保証されるので安心できます。賃貸住宅は転勤などの際には引越ができ、初期費用は掛かりますが柔軟に対応できます。反面毎月の家賃を滞りなく支払って行かなければならず、病気をしている間もないのはつらいところです。注文住宅の場合は年数に伴って内装のリフォームを行ったり、建蔽率の範囲内で増築も出来ます。さらに家屋が荒廃しても敷地という資産が残りますので建て替えることが出来、地価が上昇している場合には売却の際には売却益を得ることが出来ます。

 

賃貸住宅の場合は自由に内装を変えることが出来ず、まして売却もできず資産も一切残りません。注文住宅隣地と境界線で距離を持って建てられているので防音や騒音に関しては気を遣うことも少なく、防音対策もとることができますが、賃貸住宅のアパートやマンションの場合は上下・左右が隣戸と壁や床で接するのでこれに気を遣って生活しなければならないので不便です。借家の場合も自由に改装工事を行えないというデメリットもありますが、ガラスが自損事故でなく破損したとか設備機器が壊れた場合には取り換えてもらえます。注文住宅の場合は防犯設備は自己責任で設置する必要があり安全とは限りませんが、賃貸住宅のマンションなどではこれが備わっていて管理人も居るので女性なども安心して生活できるということが言えます。

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅

家を建設する時には注文住宅か建売りかを選ぶことになります。両方共一定のメリットとデメリットが存在するため、違いを正しく把握することが重要です。そもそも注文住宅は土地の選定から自分で行うことになります。好きな場所に自宅を建てられる一方で、納得いく土地が見つからなければいつまでも建築に入れません。建売り住宅では最初から土地も用意されています。不動産店が主導して土地を選んでいますので、立地が優れている傾向にあることもメリットです。売り出しと同時に住まいが完成していることも多く新居での暮らしが早まることも利点といえます。

 

他の違いとしてはライフスタイルに合わせた間取りです。注文住宅では設計段階でオーナーの意向が十分に反映されます。カーポートを家の中に配置するような大胆な設備も可能です。建売り住宅になると、ここまで自由度の高い造りは期待できません。複数の家屋を同一規格で建設していますから間取りも最大公約数的になりがちです。

 

これからの違いを踏まえて、自分や家族が住みやすい家を考えることが求められます。大きな収納スペースや趣味の部屋のようなユニークな設備が必要なら、注文住宅が最適です。これがスタンダードな間取りで問題ないのであれば建売り住宅でもいいでしょう。一方、購入価格にも大きな違いが現れます。注文住宅は個人の好みが反映できる反面で値段も大きな幅が生まれがちです。建売り住宅であれば大量生産によって値段が大きく抑えられます。住宅に対する予算の違いも大きな検討材料です。ただ注文住宅であれば必ず高品質というわけではありません。工務店によっては施工に問題があることも事実です。まずはニーズを満たしてくれる専門店を探していきましょう。子供が多い家なら教育施設が近くにある建売り住宅も、生活を豊かにしてくれます。住まいは気軽に立て直したり買い替えたりできるものではありません。設備と立地、そして予算の3点を元に熟考して後悔のない家を建てることが大事です。

注文住宅に必要な住宅ローンとは

注文住宅

注文住宅は建売住宅に比べて費用が高くなりやすく、ほとんどの人は住宅ローンを組んで購入します。それは福岡に限らず全国各地で同じような傾向にあり、35年ローンを組んで夢の一戸建てを手にする人が多いです。住宅ローンでは、払い終えるまで金利が固定されている固定金利と長期金利の動きに合わせて変化する変動金利の2つからチョイスします。1000万円単位で融資を受けるため、金利が1%違うだけで支払うべき利息もかなり変化します。ここ10年は超低金利で推移しており、変動金利型の住宅ローンを組む人が目立ちます。その一方でいつ長期金利が高騰しなくてもおかしくないことから固定金利型にしておくことがおすすめされている状況です。

 

また金利が高い時期に住宅ローンを組んでもそれを借り換えることも可能です。手数料などはかかりますが、うまいタイミングで借り換えればトータルで支払う利息分を圧縮できます。またボーナスなどで多めに返済する繰り上げ返済も大事です。これらのことを行なって支払うべき額を抑えられれば費用負担を少しでも緩和できるため、住宅ローンを組んで注文住宅を購入する場合は活用しておきたいやり方です。

 

注文住宅で住宅ローンを組む場合に注意したいのは、住宅ローンが実行されるタイミングが建物が完成してからでありその前に土地を購入する場合には対応していない点です。この時は住宅ローンとは別につなぎ融資を行います。つなぎ融資は金融機関によって行われているところと行われていないところに分かれます。しかも金利は住宅ローンよりも高く設定されているため、そのことも踏まえて計画を立てないといけません。銀行によっては普段の利用状況に応じて金利を軽減できるプランが用意されています。これらは地元の金融機関が独自に行なっているものもあるため、大手の銀行だけでなく地元の信用金庫などもチェックすることが大事です。できる限り情報を集めてお得な形で注文住宅を建てられます。